スポーツ

卓球水谷隼のI can do itツイートの意味は?彼の本当の想いは何?

2020年3月24日(火)

ついに、東京2020オリンピック・パラリンピックの延期が決定しました。

それに伴い、各アスリート達からコメントが発信されていますが、その中でも卓球の水谷隼選手のツイートが話題になっています。

そこで今回は「卓球水谷隼のI can do itツイートの意味は?彼の本当の想いは何?」と題してまとめていきたいと思います!

卓球水谷隼のI can do itツイートの意味は?彼の本当の想いは何?

こちらがそのツイートですね!

水谷隼選手の顔がおじいちゃんのような、年を取ったような加工がされています。

そしてコメントに「I can do it」とだけ添えられています。

これが意味するのはおそらく

「いつになっても俺はできる!」

という強い意思表示なのではないでしょうか。

1年後でも、たとえ何十年後でも俺はできる!と。

そういった強い気持ちを感じましたね。

このツイートを見た人の反応は?

やはりこのツイートに力強さを感じる方が多いみたいです。

端的な表現ですが、やはりかなり大きなエネルギーを感じますよね!

やはりこの解釈になりますよね。

延期が発表されてからかなり早い段階でこのTweetは投稿されていたので、水谷選手のユーモアも伺えますね。

具体的な数字を汲み取る方もいらっしゃいました。

にしてもこの加工、かなり自然ですよね。

まとめ 卓球水谷隼のI can do itツイートの意味は?彼の本当の想いは何?

今回は「卓球水谷隼のI can do itツイートの意味は?彼の本当の想いは何?」と題してまとめていきましたがいかがでしたでしょうか。

とうとう延期が決定して、各アスリートの方々はそれぞれに色んな想いがあるとは思いますが、強い気持ちで乗り越えていってほしいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください