ニュース

長崎バイオパークのYouTube収益はいくら?広告収入を調査!

長崎県にある民間動植物園「長崎バイオパーク」のYouTube動画が話題です。

ニュースによると「カバのスイカまるごとタイム」という動画が再生回数1億回を突破したほか、チャンネル内には約450本ほども動画がアップされているということで、その広告収入は「職員が1人雇える程度」とされています。

そうなると気になるのは「その広告収入っていくらぐらいの額なんだろう?」ということですよね!

そこで今回は「長崎バイオパークのYouTube収益はいくら?広告収入を調査!」と題して、調査していきたいと思います!

長崎バイオパークのYouTube収益はいくら?

ニュース記事にもありましたが、「広告収入は職員が1人雇える程度」ということでした。

そこで「長崎バイオパーク」の給料を調べてみると「パート・アルバイト」「非正社員」で年収180万円とありました。

「職員」という表現は色々な捉え方ができますが、仮にこの「パート・アルバイト」「非正社員」だとすると、辻褄があってくるんです。

 

ユーチューブの広告収入の計算方法としては、一般的にだいたい1再生あたり0.05円~0.1円と言われています。

中には1再生あたり0.5円というものもあります。

ということは、1億回再生されたカバの動画は最低でだいたい500万円、最大で約5000万円ほど稼いでくれていることになります。

この動画が公開されたのが2014年からで、注目され始めたのが2017年ということですので、だいたい3年ほどでこの再生回数とすると、1年あたりの収益は166万円〜1660万円ほど。

ここで思い出していただきたいのですが、「広告収入は職員が1人雇える程度」=約180万円ということでした。

ということは1再生あたり0.05円で、直近3年間の「カバのスイカまるごとタイム」の1年あたりの収益は166万円。

 

ほかにも、約450本もの動画があるので、そこで残りの差額14万円分ほどを稼いでいるというような感じでしょう。(あくまでも職員1人あたりの年収を180万円とした場合)

 

長崎バイオパークのチャンネル登録者は22.3万人。(2020年1月23日現在)

思っていたより多くてびっくりです。

そのおかげか、最近出している動画は再生回数ほぼ1万回越え。

1番直近の「カバがおからの鏡餅を食べる」という動画は公開から3日で、5.4万回も視聴されています。

これだけでも約3000円ほどの収益です。(3日間で)

 

ユーチューブは過去の動画も見られて収益が積み重なっていきますので、残りの14万円分をこういった他の動画で稼ぎ出すのは可能性としては十分にあり得ます。

 

ということで、長崎バイオパークのユーチューブでの収益は約180万円ほどだと考えられます。

「カバのスイカまるごとタイム」動画を見た感想

最後に動画を見た感想を付け足しておきます。

ぼくは動画を見て気持ちいいなと感じました。

カバがスイカを噛み砕くときや、咀嚼するときの音が、若干ASMRっぽくもあって何とも言えずクセになる動画です。笑(と思ったら、動画タイトルにもしっかり「ASMR」という文字がありました。笑)

また、お客さんの「わぁ〜!」という声も入っているので、その場の雰囲気やライブ感というものが伝わってきますね!

こういったところが世界中の人にウケたのではないでしょうか。

まとめ

今回は「長崎バイオパークのYouTube収益はいくら?広告収入を調査!」と題してまとめていきましたがいかがでしたでしょうか?

今後もこのユーチューブでの収益をもとに、色々な企画や施設投資をしていって、より楽しめる動植物園になっていっていただけたらいいなと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください