映画

耳をすませば実写化の批判的な評価や口コミに対する感想

あの名作「耳をすませば」が実写映画化されることが決定しました!

耳をすませばといえば原作は漫画ですが、何と言ってもジブリ映画が有名ですよね!

15歳の少年少女の、甘酸っぱい恋愛を通して人として成長していく様子が描かれていて、見ていてとても心に響くので、ぼくも大好きな作品です。

そんな作品の実写映画化、しかもジブリ映画から10年後の世界とあってかなり大きな反響を呼んでいます。

このニュースを見た他の人がどんな風に感じているのか気になったので、見てみたところ、なかなかに批判的な評判が多め。

それに対して思うところがあったので今回は、

「耳をすませば実写化の批判的な評価や口コミに対する感想」と題してまとめていきたいと思います!

【実写版】耳をすませばの批判的な評価や口コミに対する感想

最初に言っておきますが、ぼくは実写化に賛成です。

 

ぼくはこのニュースをYahoo!ニュースで見たのですが、そのコメント欄はなかなかに否定的な意見が多かった印象です。

その中にはやはり、アニメや漫画の実写化につきものな「キャスト」へのものもありました。

今回のキャスト、主役は清野菜名(月島雫)と松坂桃李(天沢聖司)。

この2人が嫌いということではなく、やはり違和感を感じるという意見が多かったですね。

ジブリアニメ版で聖司の声を担当した、高橋一生さんにどうせならやってほしかった。という意見もありました。

その一方で、「このキャストの違和感をどう覆してくれるかが楽しみ」というような意見もあり、これはなかなか通な楽しみ方だと感じましたね。笑

そのほかにも

  • 10年後が気になるストーリーではなかった
  • どうせならアニメ映画としてやってほしかった
  • 勝手に出版社勤務っていう設定にしないでほしい

というような意見が目立ちました。

 

中でも「その後が気になるものではなかった」という意見がすごく多かったです。

少年少女の多感な時期の物語をああいった形で終わらせるからこそ、その先を想像する。

わからないからこそもどかしくて甘酸っぱい。

そんな感じですね。

 

でもこれらの意見を見てぼくは思いました。

「みんな耳をすませば大好きだな!」

と。笑

結局、好きだから、大切だから、その世界観を壊されたくない。

これら否定的な意見というのは、めちゃくちゃ愛情の裏返しだなと思いました。

ぼくもこの作品が大好きなので、その気持ちはわかります。

 

でも同時に、ぼくはこの実写化にすごく興味があります。

1番の興味は「どんな風な世界を描いてくるか?」っていうところです。

今回の監督、平川雄一朗氏がどんな風な世界を描いてくるのか?

どんな演出で、どんな映像で、どんなストーリーを展開してくるのか。とても興味があります。

 

で、ここで重要なんですけど、その実写版を見てみて、「あ、違うな」と思ったら、それでいいじゃないですか。

「やっぱり自分の中の『耳をすませば』はアニメ版だな。」とかいう感じで。

自分の中で『耳をすませば』は、聖司の「雫!大好きだ!」というラストで止めておく。

そうやって大切にしまっておく。それでいいと思います。

 

もしも、「あー実写版見て世界観壊された。。」という風に思うってことは、自分の中の世界観がその程度ってことです。

誰かが作った世界観で、自分の中の世界観が壊されるってことは、その程度ってことです。

実写版を見て、それでもやっぱりアニメ版だな、漫画版だなと思うなら、その確固たる世界観を持って自分の意見を言うのはいいと思います。

でも見ないうちから批判するのは違うと思います。

 

今回は平川雄一朗監督の世界観です。

彼は自分の中の世界観を、映画監督という形で表現する術を手に入れました。

それを「見せてくれる」というだけです。

これが「全て」ではありません。「絶対」ではありません。

なのでこういった実写化は、1人の人が本気で自分の世界観を見せてくれるので、とても楽しいです。

 

「あー!わかる!これこれ!自分もこんな風に思ってた!」

って、なる時もあるし、

 

「いや〜、これはちょっと違うかなぁ」

って、なる時もある。

 

でも1番興奮するのは、

「え、ちょっと待って…なにこの考え方!めっちゃいい!!」

ってなる時です。笑

 

人は変化を嫌う生き物です。

できれば「いままで通り」がいい。

恒常性、ホメオスタシスと呼ばれるものですね。

心臓だって運動すれば鼓動は速くなりますが、そのうちいままで通りのリズムに戻ります。

恒常性というのは、もう潜在的に組み込まれているものなので仕方ないんです。

 

ですが、そこから一歩も踏み出さなければ、変化や、新しい価値観に出会うことはないし、成長もない。

新しい価値観に出会えたときの興奮や変化、成長の喜びを知っているので、ぼくはこういった実写化は大好きです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください