イベント

札幌雪まつりの服装(女性編)おすすめの防寒対策は?靴で転倒対策も

毎年の冬の風物詩といえば、北海道の「札幌雪まつり」ですよね!

そんな大イベントに今年は参加しようと思っているけど、本州の人間からすると北海道の寒さって未知数。

そうなると、どんな服装をしていけばいいか分からないですよね。

そこで今回は、防寒対策バッチリなおすすめコーディネートの女性編をまとめていきたいと思います!

インナーウェアは機能性インナーが必須

まずはインナーです。

これ超大事。

家で言うと地盤、土台となる部分です。ここがガタガタだといくら立派な家を建てても崩れてしまいます。

そこでおすすめなのがいわゆる機能性インナーと呼ばれるものです。

ユニクロの「ヒートテック」が有名ですね!

ですが、実はおすすめはグンゼのホットマジック極(きわみ)。

一般的な綿肌着7枚分の暖かさを誇るのが特徴で、裏起毛素材で柔らかく、肌触りもとても気持ちいいです。

もちろん吸水性もよく、汗を吸ってくれることにより発熱する優れもの。

そのため、保温・保湿性能、さらに放湿性能も高く、ムレ感のないドライな暖かさがあり、今回の札幌などの極寒地でも対応してくれます。

 

そしてインナーというと、上半身に着るものを想像しがちですが、下半身も大事です。

そちらについても、同じホットマジックシリーズの極がおすすめ。

トップス同様の保温性能はもちろん、抜群のストレッチ性能で動きやすいです。

 

こういったインナーが心もとないと、結局重ねに重ねたコーディネートになってしまい、とても動きづらくなってしまいます。

上下ともに機能性インナーは必須と言えますね!

トップスは「重ね着」で

インナーの上に着るトップスは重ね着することがおすすめです。

そして、すぐ脱ぎやすいものを選ぶのもポイント!

なぜなら、歩き疲れて「どこかお店にでも入って休憩しようか」となった時に、雪祭り仕様の超あったか装備だと、室内では暑くなってしまう可能性があるからです。

例としては…「インナー」+「ニットセーター」+「ニットカーディガン」などがいいですね!

これならカーディガンを脱ぎ着して調整できます。

セーターの代わりに綿のロンTなどでもいいとは思いますが、やはりニットに比べると保温性は劣ります。

 

ちなみに、ニットには種類があります。

(☆は暖かさ。多い方が暖かい。)

【自然繊維】

  • ウール☆☆☆☆☆
  • カシミヤ☆☆☆☆☆
  • コットン(綿)☆☆

【化学繊維】

  • アクリル☆☆☆☆
  • ポリエステル☆☆
  • ナイロン☆

ウールが暖かさ最強です。が、チクチクが気になる人もいると思います。

カシミヤも暖かいですが、なかなか高価。

それを考えるとアクリル素材がバランスよく保温性にも優れ、肌触りも悪くなく、なによりも安価です。

 

アクリル素材のニットセーターにカーディガンを重ね着するのがおすすめですね!

いわゆる「ニットオンニット」ってやつ。

アウターはダウン一択

アウターはもうダウン一択と言ってもいいです。

さらに言うなら、長い丈のロングダウンコートがいいですね!

なぜロングかと言うと、太もも付近を冷やさないためです。

太ももの付け根には太い血管が通っていて、そこが冷えてしまうと体全体が冷えてしまいます。

そのためのロング丈です。

 

もしもロング丈のダウンなんて持ってないし、新たに買うのもなぁ…という方には、巻きスカートがおすすめです!

スカートとして使わなくても、ブランケットなどの用途でも使えるので1枚持っておいて損はないですね。

 

そしてダウンはフード付きがいいです。

と言うのも北海道民の方は雪でも傘をさしません。

その理由は、払えば落ちるから。

しかし、それはパウダースノーの場合なので、気温が少し高めの時など、湿気を含んだ雪の時は傘があった方がいいので、折り畳み傘を合わせて持っておいた方がいいでしょう。

ボトムスはパンツスタイル

スカートはかなり大きな空気の出入口があるため保温性には優れません。

なので、パンツスタイルがいいですね!

中でもゆったりめで厚手のコーデュロイパンツがおすすめ!

すこしゆったりめのものを選ぶことでインナーとのゴワつきを防げます。

誰でも一本は持っているデニムは、一度濡れると乾きにくく、カチカチに凍ってしまいます。

どうしてもズボンはデニムがいい!という方は、膝丈のロングブーツにインすればなんとか…という感じです。

靴はスノーブーツで転倒対策。スニーカーは×

靴は冬用のブーツがいいですね!

なぜなら会場は多くの人によって雪が踏み固められ、ツルツルになっているところもあるからです。(道路によってはアイスバーンになっている場合も)

この時にスニーカーは絶対だめです。滑って歩けません。

これでコケて骨折してしまうなんて人も多くいます。

冬用ブーツのおすすめは、スノーブーツと言われているもので、最近流行りですしオシャレです。

中でも女性人気が高いのはUGG(アグ)のスノーブーツですね!

いや〜でも、わざわざスノーブーツを買うのはちょっと…という方は、

靴底の滑り止めバンドというものもあります。

札幌では駅の売店などでも売っているぐらいポピュラーなものですが、いかんせんオシャレじゃない。。

しかもこういった「つま先からかかとまでゴムで引っ掛けるもの」は締め付けによって足が疲れるといったデメリットもあります。

やはり快適さを考えるとスノーブーツに軍配が上がります。

それでも手持ちの靴で行きたいという方は、防水スプレーをお忘れなく。

靴用に持っておくというより、あったら何かと便利なので、いずれにせよ1つ持っておいてもいいかと思います。

その他にあれば便利なものとしてはカイロ。

特につま先用は仕込んでおくのがいいですね!

小物も揃えて完璧な格好に!

最後に小物類ですが、これがあるのと無いのとでは全く違います。

具体的には

  • ニット帽
  • イヤーマフ(耳あて)
  • 手袋
  • マフラー(スヌードもおすすめ)

これらを揃えれば完璧です!

 

ニット帽で耳を覆えるならイヤーマフはいらないです。

手袋はスマホ対応のものならそのまま写真を撮れたりもするので便利ですね!

札幌雪まつりコーデ【女性編】まとめ

今回は「札幌雪まつりの服装(女性編)おすすめの防寒対策は?靴で転倒対策も」と題してまとめていきましたがいかがでしたでしょうか。

寒さ対策をばっちりして、暖かく快適に雪まつりを楽しんでくださいね!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございます!

札幌雪まつり2020は雪不足で開催中止の可能性?雪の量は少ない?暖冬の影響か、雪不足により北海道各地で冬のイベントの中止が相次ぐ事態となっています。 北海道の冬のイベントといえば「さっぽろ雪まつ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください