暮らし

ふたご座流星群2019いつまで見られる?日にちと時間・方角まとめ!

毎年この時期になるとやってくる天体ショー、それが「ふたご座流星群」ですね!

今年2019年の極大(ピーク)は、12月14日夜〜15日朝にかけて、時間は午前2〜4時ごろということです。

しかし、この「ふたご座流星群が見られる」というニュースを、ピークを過ぎてしまってから知った方もいるのではないでしょうか?

でも大丈夫、ピークを過ぎてもしばらくはふたご座流星群を見ることはできます。

そこで今回は「ふたご座流星群2019いつまで見られる?日にちと時間・方角まとめ!」と題して情報をまとめていきたいと思います!

ふたご座流星群2019いつまで見られる?日にちと時間・方角まとめ!

ふたご座流星群は毎年安定して多くの流星が見られます。

日にちは?今日は見られる?

その出現期間はだいたい10日間〜2週間ほど。

日にちにすると【12月4日〜12月17日】ごろです。

意外と長いと思いましたか?笑

 

毎年ニュースで話題になっているのは極大日、つまりピークの日にちで、1番流星の数が多い日を取り上げているわけです。

なので流星群=1日だけと勘違いしている方も多いですが、実は長い期間見ることができるんですね。

とはいえ、やはり極大日から離れれば離れるほど、見られる流星の数は少なくなります。

先ほども申し上げましたが、今年の極大日は【12月14日夜〜15日朝にかけて、時間は午前2〜4時ごろ】

このときに見られる流星の数は1時間あたりだいたい40個〜60個です。

極大日の後はここから減るようなイメージですね。

見られる時間帯は?

見やすい時間帯としては、午後9時〜午前4時ごろでしょうか。

あまり早い時間だと、放射点が低いためになかなか見えません。

午後9時ごろから見え出し、午前2時ごろに放射点が天頂に達し、午前4時ごろに見えなくなります。

見れる方角は?

方角ですが、実は特に決まっていません。

強いていうなら、ふたご座流星群の放射点である『南東と南南東の間の空』なのですが、そこから流星は流れるわけではありません。

空全体から流れます。

これは、北海道だからとか、東京だからとか、大阪だからとか、決まっていません。

どの地点でも同じです。

とにかく空を見上げれば観測はできます。

 

それよりもできるだけ広く開けた空、街灯などの灯りが少ない場所の暗い空、ということが重要です。

しかしここで1つだけ悪いお知らせ。

2019年のこの時期は、月明かりの影響が大きいんです。

12月12日に満月を迎え、少しかけ始めた…ぐらいの大きさの月が極大日付近の空には居座っています。

その月明かりのせいで暗い流星なんかは中々見え辛い条件となっています。

しかし、逆にいうと、極大日から遠ざかるほど流星の数は減りますが、月も欠けていって、多少見やすくなるかもしれません。

なので、極大日を過ぎてしまっているからといって諦めずに観測してみてはいかがでしょうか?

日にちと時間まとめ

あらためて観測可能な日時をまとめておきます。

  • 2019年12月14日〜15日にかけて(午前2〜4時。極大)
  • 2019年12月15日〜16日にかけて(午後9時〜午前4時)
  • 2019年12月16日〜17日にかけて(午後9時〜午前4時)

まとめ

今回は「ふたご座流星群2019いつまで見られる?日にちと時間・方角まとめ!」と題してまとめていきましたがいかがでしたでしょうか?

ふたご座流星群は三大流星群のひとつで、冬の澄み切った夜空に輝くことからも、その美しさは格別です。

寒さ対策をしっかりして、是非とも観測してくださいね!

あなたの願い事が叶いますように。

最後までお読みいただきありがとうございます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください