音楽

MAMA2019当落!倍率算出した結果がやばい!二次先行の日程も!

毎年開催されているK-POPの音楽授賞式MAMAことMnet Asia Music Awardsが今年2019年も開催されます!

今年で11回目を数え、その歴史にも重みが増してきました。

そんなMAMA2019の会場はなんと日本のナゴヤドーム!

しかも、全世界でここだけ!しかもしかも開催は1日のみ!!

やばいですね〜。笑

去年2018年は韓国、香港、日本の3ヶ国で開催されたのですが今年は超ピンポイントでの開催となりました。

そうなると気になるのが、チケットの当選倍率ですよね〜。

超ピンポイントの開催ということで、全世界からこの日この場所への参加権を巡っての争奪戦となるわけです…

いやぁ、、考えただけでも凄まじいことになりそうな予感がプンプンします。

そこで今回は「MAMA2019当落!倍率算出した結果がやばい!二次先行の日程も!」と題してMAMA2019の当落結果や当選倍率、最後のチャンスである二次先行販売の日程について、まとめていきたいと思います!

MAMA2019当落結果と倍率は?

【当落発表】2019年11月8日(金)18:00〜

では気になる当落結果について、申し込みをした方達の生の声を見てみましょう!

当落結果

ちなみにQoo10の当落結果の確認方法はこちら↓

当落発表前はやはり当落祈願や、「もしも当たったら…」に妄想を膨らませる方が多く見受けられますね!

その妄想が現実になることを願っています。(あ、応募全部が当選したら財布がやばいという方は適度な当選を願っておきます。笑)

もしも当選して遠方からの参戦になった方は楽天トラベルなどで今のうちからホテルの予約もしておくことがお勧めですね!

ぼくもよく遠方への参戦時はホテルに泊まっちゃいます。

まぁ余韻に浸りながらその日のうちに帰る電車や新幹線の雰囲気も嫌いじゃないですが。笑

そしてついに18時になり当落結果が発表されました。

応募者の方々の一喜一憂する様々なツイートが上がっていましたね。

当選倍率

では、気になる当選倍率について見ていきましょう!

当選倍率は応募数÷収容人数で求めることができます。

まず収容人数ですが、会場であるナゴヤドームのキャパは4万9000人。

これが収容人数です。

 

次に応募数を考えます。

今回の2019MAMAの出演者は以下の8組。

  • BTS
  • GOT7
  • IZ*ONE
  • MAMAMOO
  • MONSTA X
  • SEVENTEEN
  • TWICE
  • CHUNG HA

応募数を考えるときはよくファンクラブの人数などから割り出すのですが、今回は世界中が相手ですので、わかりやすい指標であるYouTubeのチャンネル登録者数をベースにしていきます。

参考までに…

YouTubeのチャンネル登録者数もなかなかあなどれません。

最近、公式のYouTubeチャンネルが解禁されたジャニーズグループ「嵐」のファンクラブ会員数は288万人。

YouTube公式チャンネルの登録者数は226万人。

と、ほぼほぼ近い数字になっています。

では、MAMA2019の出演アーティストのYouTube公式チャンネルの登録者数をそれぞれ見ていきましょう!

【BTS】2320万人

【GOT7】435万人

【IZ*ONE】147万人

【MAMAMOO】207万人

【MONSTA X】109万人

【SEVENTEEN】432万人

【TWICE】594万人

【CHUNG HA】チャンネル登録者数 非表示

チョンハのみチャンネル登録者数が非表示となっていました。

ただ、そのチャンネルは28本の動画で累計3200万回再生(2019.2.14〜)されています。

また、チョンハが所属しているMNH Entertainmentの公式チャンネルからアップされているGottaGoのMVは1本で再生回数4300万回超え。

まさにモンスター級です。

 

ここで一旦、チョンハは置いておいて、チョンハ以外の登録者数の合計は4244万人となります。

このうちの1%が仮に今回のMAMA2019に応募していたとすると、その人数は…

4244万人×0.01=42万4400人

 

ナゴヤドームのキャパは4万9000人なので、この時点で倍率は

42万4400÷4万9000=約8.66倍

 

購入可能枚数が1人2枚までなので、最大で約17.32倍まで跳ね上がります。

と、ここで忘れてはいけません。チョンハです。

チョンハのファンも入れるともっと高く、20倍近くまでなるのではないでしょうか。

当選確率にして5%

かなりの激戦です。。

このチケットは落選が当たり前。当選したら奇跡ぐらいに考えておいた方がいいかもしれませんね。

 

落選してしまった方はMnet(韓国100%エンタメチャンネル)で当日放送を見ることができます。

Mnetを見るためにはスカパーやJ:COM、ひかりTV、auひかりなどの有料チャンネルに加入してかつ、Mnet(月額2,300円(税抜))と契約しなくてはいけません。

スカパーとJ:COMはMnetSmart(PC,スマホ,タブレットで見られるもの)との契約料が無料になるので、こちらがおすすめですね!

2019MAMAが見たい!という方は検討してみてくださいね!

浮いたチケット代を考えれば安いと思います!

二次先行の日程は?

では、一次先行で落選してしまった方のために、最後のチャンスである二次先行抽選の日程について書いておきます。

【応募受付日程】2019年11月6日(水)12:00〜11月11日(月)23:59

【当落発表日程】2019年11月14日(木)18:00〜

締め切りまで日がないので、迷っているぐらいなら応募しちゃいましょう!

まとめ

今回は「MAMA2019当落!倍率算出した結果がやばい!二次先行の日程も!」と題して書いていきましたがいかがでしたでしょうか?

日本のみの開催というのはなんか嬉しい気もしますが、その分かなりの大激戦になっていますね。

当選した方は本当にラッキーだと思います!

落選してしまった方の分まで楽しんでくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください