アイドル

十五祭DVD発売日から考察する関ジャニ∞の解散説はあり?なし?

今年7月から行われてきた関ジャニ∞のデビュー15周年ドームツアー「十五祭」

その最終公演が9月3日に東京ドームで行われ、大盛況のうちに幕を下ろしました。

そしてその翌日、早くも同ツアーのDVD&Blu-rayの発売日が発表!

発売日は2019年10月30日。

この発売日を見て不安になるファンが続出する事態になっています。

というのも発表前は来年の年明けか2月ごろに発売という予想がなされていたため、早過ぎるんですよね。

早過ぎるとなぜ不安なのか。

ご存知の通り、関ジャニ∞には「解散説」や「錦戸亮、大倉忠義脱退説」が囁かれています。

DVDを発売するには肖像権の問題などがあるため、「解散」や「脱退」を進めるために早く出すことにした。というわけです。

 

では本当に解散やメンバーの脱退はあるのでしょうか?

関ジャニ∞ファンであるeighterはどうしたらいいのでしょうか?

 

今回は「十五祭DVD発売日から考察する関ジャニの解散説はあり?なし?」と題してまとめていきたいと思います。

そもそも今回のDVDは普段よりどれぐらい早い?

まず、今回のDVDの発売はこれまでよりどれぐらい早いのか?

調査しました。

【GR8EST】収録日 2018年9月16日(オーラス福岡公演)→発売日 2019年1月23日4ヶ月
ただし、Blu-ray盤の特典映像として1118日の追加公演ライブ直後に収録された映像が封入あり。

【ジャム】収録日 2017年9月10日(オーラス福岡公演)→発売日 2018年3月7日6ヶ月

【関ジャニ’sエイターテインメント】収録日 2017年1月15日(オーラス大阪公演)→発売日 2017年5月10日4ヶ月

【関ジャニ∞リサイタル 真夏の俺らは罪なヤツ】収録日 2016年9月3日(沖縄公演)→発売日 2016年11月16日2ヶ月

【関ジャニ∞の元気が出るLIVE!!】収録日 2016年1月17日(オーラス大阪公演)→発売日 2016年6月15日5ヶ月

過去5回分のツアーまでさかのぼって見ましたが結構ばらつきがありますね。

だいたい4ヶ月前後といった感じでしょうか?

【関ジャニ∞リサイタル 真夏の俺らは罪なヤツ】2ヶ月と最短です。

他ツアーと違う部分といえば、これはドーム公演ではないということでしょうか。

でもだからといって内容が薄いというわけではありません。

 

また、【GR8EST】は収録から発売まで4ヶ月ですが、追加公演の映像封入もあるということで、追加公演の日から発売日までは計算すると2ヶ月です。

 

そしてこちらが今回「十五祭」のデータ。

【十五祭】収録日 2019年7月28日(大阪公演)→発売日 2019年10月30日3ヶ月
DVD初回限定盤には特典映像としてオーラス東京公演(93)の様子も一部収録。

収録から発売まで3ヶ月、特典映像の撮影日から発売日までは2ヶ月です。

 

いかがでしょうか?

たしかにいつもに比べると少し早いですが、ぼくの印象で言うと『誤差』です。

2ヶ月で真夏の俺らは罪なヤツのDVDのようなクオリティのものも仕上げられます。

今回の特典映像の撮影日から発売までも、別段早いわけじゃない。

そう考えると今回のDVD発売日は深読みするほど早いものではない気がします。

eighterはどうしたらいいのか?

「解散説」

こんな風に書かれるとつい気になって見に来てしまいますよね?わかります。

 

ぼく自身、eighterというわけではありませんが、同じような経験があります。

YUIさんの大ファンでした。(いや、今も大ファンですが。)

YUIさんは活動休止や解散?(シンガーソングライターYUIからバンドのボーカルyuiへ)という経歴を持たれているので、ぼくもイチファンとしてそれらを経験しました。

そのときもいろいろと不安になったり、やめないでほしい〜という想いになったりしました。

けっこうしんどかったです。

でもそんなこと考えても仕方ないんですよね。

 

YUIさんは「景色がどんどん通り過ぎるので、一度じっくり見てみたい」と感じ休養をとりました。

「制作における摩擦が積み重なり、結果的に『YUI』というものが大きくなったことに限界だな」と感じ活動を休止しました。

そして、もっと自分が想う音楽を追求してバンドを始めました。

 

いいじゃないですか人間らしくて。

しんどかったら休めばいいし、やりたいことがあったらやればいい。

ぼくはそれを応援してあげられる存在になろうと思いました。

それが本当のファンじゃないかなと。

もちろん『YUI』というものをもっと見たかった、聞きたかったというのは正直ありますが、だからこそぼくの中で『YUI』は特別ですし、『YUI』というものと過ごした時間はとても尊いんですよね。

だから感謝しかありませんし、今でも大好きです。

 

話を関ジャニ∞に戻すと、解散説やメンバー脱退説などが囁かれていますがそんなものは気にしなくていいと思います。

不安になる気持ちもわかります。

その不安が現実になったら嫌だと言う気持ちもわかります。

その嫌だという気持ちもアーティスト側からしたら嬉しいものかもしれません。

でも、一歩引いて客観的に、そうなったときはそう。という考えを持っておくのも大事だと思います。

いざそうなったときは受け止めるしかありません。

そうなるかも分からないことに力を使うより、彼らを応援することにパワーを注ぎましょう!

(今すぐできることと言えばDVD&Blu-rayの予約とかですかね?笑)

 

たぶん当たり前のことを書いていて、そんなの言われなくてもわかってる!と言われそうですが、

そんな当たり前のことを読んで再認識することに意味がある気がしたので、あえて書かせていただきました。

まとめ

今回は「十五祭DVD発売日から考察する関ジャニの解散説はあり?なし?」と題して書いていきましたがいかがでしたでしょうか?

人気者に噂はつきものです。

もしその噂が嘘でも本当でも、

前に進んで変化しようとしている人を止めるのではなく、その人がより気持ちよく進めるように、後押ししてあげられる存在になれたらいいですよね。

最後までお読みいただきありがとうございます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください