TV

キンプリ紅白なぜ出場?早いと反対される理由やファンの反応は?

「紅白に出てほしくない歌手ランキング」というものが先日発表されました。

12月20日発売の週刊文春に掲載されていたアンケート企画によるものです。

そのランキングの第7位に、今年デビューを果たしたKing&Princeの名前がありました。

5月にCDデビューも果たして人気絶頂のはずのKing&Prince。

なぜ彼らが紅白に出場することに反対の声が上がっているのでしょうか。

今回は、そんなキンプリの紅白出場に関して、早いと反対される理由やファンの反応について書いていこうと思います。

King & Princeとは?

まずはじめにKing&Princeとはどういうグループなのか。軽くご紹介します。

 

King&Prince(キング アンド プリンス)通称「キンプリ」は、2015年結成の6人組アイドルグループ。

メンバーは、平野紫耀、永瀬廉、髙橋海人、岸優太、岩橋玄樹、神宮寺勇太の6名。

結成当初はMr.King vs Mr.Prince(ミスターキング ブイエス ミスタープリンス)というグループ名で、平野紫耀・永瀬廉・髙橋海人からなる「Mr.King」と、岸優太・岩橋玄樹・神宮寺勇太からなる「Mr.Prince」の2ユニットがグループ内に存在。

その2ユニットが切磋琢磨していくという意味が込められたグループ名だった。

 

その後、2018年1月に「King&Prince」に改名。「6人一緒に」という意味が込められ、5月にCDデビューすることが発表された。リーダーは岸優太。

2018年4月から放送されたテレビドラマ「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」で平野紫耀が主演をつとめたことでグループ自体にも注目が集まり、5月に発売されたデビューシングル「シンデレラガール」は発売初日に31.8万枚を売り上げた。

順風満帆に思えたキンプリだったが10月、メンバーの岩橋玄樹がパニック障害の治療をするため休養を発表。しばらくは5人体制での活動となった。

そんな中、11月に紅白出場が発表された。この紅白出場に関して、ファンの間で様々な声が挙がっている。

早いと反対される理由

では、上記のように着実に人気を獲得してきたキンプリの紅白出場が、「早い」と反対される理由はなんなのでしょうか?

ネット上の意見を見てみると、やはりストレートに「デビュー1年目」というところが引っかかっている方が多いようです。

また、Kis-My-Ft2が比較対象として挙げられている意見も多く見られます。

Kis-My-Ft2はデビューから7年経ちますが、いまだに紅白に出場はしておらず、Kis-My-Ft2のファンからしてみれば「なんで!?」と納得がいかないのでしょう。

ファンの反応は?

それに対して、King&Prince(キンプリ)ファンの方達の意見はどうなのでしょうか?

反対派の方達の意見とは違い、どこか余裕がある感じがします。

やはり嬉しいニュースだからでしょうか。もっと歩み寄ろうよ!というような姿勢が見られます。

ただ、中にはこんな意見も。

ぼくは個人的にこの方の意見にすごく納得です。

まとめ

今回は、「キンプリ紅白なぜ出場?早いと反対される理由やファンの反応は?」というこについて書いていきましたがいかがでしたでしょうか?

同じジャニーズのファンなのに、推しているグループが違うだけでこんな論争が巻き起こるのは少し寂しいですね。

ただ、キンプリの先輩であるSMAPやTOKIOもデビューしたその年に紅白出場を決めていますが、これほど論争にはなっていませんでした。

もしかしたら当時も論争はあったかもしれませんが、これほど表立って世間の目にさらされることはありませんでした。

今回このようにキンプリが叩かれた背景にはやはり、SNSなどが発達し個人が気軽にネット上に意見を発信できるようになった「時代」というものが大きく関係していると言うことができそうです。

良くも悪くもそんな時代の申し子としてデビューしたKing&Princeの今後の活躍に期待しています!

最後までお読みいただきありがとうございます!