麺類

純喫茶の味!なつかしのナポリタン!

最近は街を歩けば、そこかしこにコーヒーチェーン店やおしゃれなカフェを見かけるようになりました。現代のニーズに合わせたメニューや設備が揃っていて、すごく利用しやすいと思います。

でも、そんな最新の設備が無くても行きたくなる場所があります。

それが純喫茶。

あの、古き良き時代を感じさせてくれる空間は、とても貴重な存在だと思います。そんな純喫茶で昔から食べられている定番のメニュー、ナポリタン。

今回は、そのなつかしの味を家で食べられるレシピをご紹介しようと思います!

材料(1人分)

  • パスタ(1.9mm)…100g
  • すりおろしにんにく…小さじ1(チューブだと約2cm)
  • ウィンナー…2~3本
  • ベーコン…2枚ぐらい(約20g)
  • 玉ねぎ…1/4個
  • ピーマン…1/2個

パスタは少し太めの1.9mmを使用します。ケチャップソースがよく絡んでおいしいです。地味に純喫茶風にするための重要なポイント。

ここでは極力手間を省くため、チューブのすりおろしにんにくを使うレシピにしてありますが、風味にこだわりたい方は生のにんにくを1かけ使用してください。その際はみじん切りにしましょう。

ベーコンはよく3パックで1組とかになっているやつありますよね?あれの1パックのうちの2枚と考えてください。
だいたい1枚が10gです。

調味料

  • オリーブオイル…大さじ1/2
  • 塩・ブラックペッパー…適量
  • 粉チーズ…適量
  • ケチャップ…大さじ2
  • ウスターソース…大さじ1
  • バター…5g
  • 牛乳…小さじ2

オリーブオイルは風味づけの役割があるので、普通のサラダ油ではなく、ぜひ使ってくださいね!

バターはマーガリンでも代用可能ですが、やはり風味が違います。純喫茶の味を再現するならこちらもぜひ使っていただきたいです。バターは比較的日持ちもしますので、冷蔵庫に無い方は買っておいてもいいかもしれないですね!

作り方

  1. まず、パスタを茹でるためのお湯を沸かします。1人分なら約1Lの水に塩を10g(小さじ2)入れてください。パスタは塩分濃度1%のお湯で茹でるのが基本です。
  2. お湯を沸かしている間に食材を切っていきます。
    ウィンナーと玉ねぎは薄切り、ベーコンは短辺と平行にだいたい1cm間隔で切っていきます。ピーマンは輪切りにしてください。
  3. お湯が沸いたら、パスタの袋に書かれている時間パスタを茹でます。パスタを鍋に入れる際はちょっとしたコツがあります。パスタの束を両手で持って捻るんです。ちょうど雑巾を絞るときみたいに。そしてパッと手を離すと、きれいに散らばった状態でパスタを鍋に入れることができます。
  4. パスタを鍋に入れたら、その間に具材を炒めてソース作りです。フライパンにオリーブオイルを落として中火で熱します。温まってきたら、にんにく、ウィンナー、ベーコン、玉ねぎを入れて炒めます。ウィンナー、ベーコンに火が通り、玉ねぎがしなっとしたら、ピーマンを加えて、さっと数十秒炒めます。
  5. 具材が入ったフライパンに、ケチャップ、ウスターソース、バター、牛乳を加えます。水分を飛ばすように強火で炒め、ドロっとしだしたら茹で上がったパスタを入れます。塩とブラックペッパーを適量加え、軽く炒めて味を馴染ませたら、お皿に盛って完成です。粉チーズをお好みの量ふってください。

パスタってけっこう簡単にサッとできるので、作る機会が多くなると思います。そのときに意識しておけば後々楽になるのが、水は鍋のだいたいどのあたりまで入れたら1Lかなということです。

毎回毎回測るのは面倒ですよね。ただ最初のうちはちゃんと測った方がいいです(今回の場合、目盛りが入っている鍋を使うという手もありますが)。

感覚で料理ができる人っていると思うんですが、その人たちも最初はめちゃくちゃしっかりと計量してます。その、正確な量を知って初めて、感覚でできるようになります。

あと、作り方をざっと見てもらえればわかると思いますが、パスタを茹でるのと、ソース作りは同時進行で進めます。なので理想は、茹で上がりとソースの出来上がりが同時なのですが、初めはなかなかそうもいかないと思います。なので最初は、ソースが先に出来上がるぐらいのペース配分を意識してみてください。

パスタが先に茹で上がってしまうと、ソースが出来上がるまでに伸びてしまったり、一旦鍋から上げなければいけないといった無駄な手間が増えてしまうからです。

まとめ

今回は、なつかしの純喫茶で食べられるようなナポリタンについて説明していきましたがいかがでしたでしょうか?

切る具材が多かったり、パスタとソース作りのタイミングを合わせなければいけなかったり、文字で見れば一見難しそうに見えますが、やってみれば意外と簡単です。

このレシピさえマスターすれば、いつでもご自宅で純喫茶気分を味わうことができるので、ぜひとも挑戦してみてください!

日々の喧騒からほっと一息つきたい休日なんかに作ってみるといいかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください